就職活動で大切なもの|評判の宅建の通信講座を見つける方法|口コミで情報集め

評判の宅建の通信講座を見つける方法|口コミで情報集め

女の人

就職活動で大切なもの

婦人

第三者に見てもらう

就職活動の際には、まず会社に履歴書や志望理由書を提出します。このうち、履歴書は自分の経歴や学歴を正直に記載するだけなので、他人とそれほど差はつきません。しかし、志望理由書は応募者がそれぞれ自由にその会社への就職を希望する理由を書くので、他の応募者と差がつきやすい傾向があります。しかし、多くの人にとって、人生で初めて志望理由書を書く機会が就職活動です。自分で書いたものを客観的な目で自分で評価するのはなかなか難しいので、第三者に添削してもらって改善点を具体的に指摘してもらうことが、良い志望理由書を書けるようになる一番の上達法です。では、志望書を添削してもらう人をどうやって探すかを、以下で紹介します。

提出書類の重要性

家族や友人など身近な人に添削してもらうのが、時間がかからず楽なのは事実です。ただ、志望理由書をチェックすることになれている人でないと、的外れな添削をされてしまう可能性があります。その意味では、予備校の添削講座や実際に就職している大学の先輩、または学校の就職セミナーなどを利用して志望理由書を添削してもらうことがもっとも効果的です。志望理由書は、ただ提出して終わりではありません。会社がその人物を知ることになる最初の資料としての意味があります。書類選考を通過したら行われる面接では、提出した志望理由書をもとに質問がされ、採用か否かが決まります。このように、志望理由書は就職活動のキモともいえる最重要書類です。